クラミジア・淋病についてのご紹介

dfクラミジアの基礎知識
クラミジアは、クラミジア・トラコマティスという原因菌に関係がある性感染症です。クラミジアは非常に感染しやすい特徴がありますから、クラミジアに感染する人が多いです。また、クラミジアはHIVや淋病を併発するリスクが高いと言われています。それで、いろいろな性感染症の中に一番重視しなければならない病気とされています。

クラミジアの症状について、女性の場合、自覚症状は出ないことが多いですけど、おりものの増加、下腹部の痛み、不正出血などの症状があります。オーラルセックスなどによってのどへ感染したら、喉の腫れや痛みが現れてくることが多いです。また、病気が進んでいると、尿道炎、子宮頸管炎、卵管炎、子宮内膜炎、腹膜炎などを発症することもあります。男性に場合、最初は、おしっこの時に痛くなったり、尿道がかゆくなったりする表現があります。また、尿道に炎症を起こし、尿道から少量の分泌物が出る症状も起こります。

クラミジアの症状を少しでも実感する場合、早めにクラミジアの治療を行うことが重要です。もし、クラミジアを放置していると、病気の悪化に従って、不妊や子宮外妊娠の原因となってしまうことが多いです。それで、クラミジアの治療について、マクロライド系、ニューキノロン系などの抗菌薬を利用することは普通です。

淋病の基礎知識
淋病は、淋菌に感染して引き起こされる性感染症です。また、クラミジアに継いで、第二位の感染しやすい性感染症とされています。日本で行ったアンケートによって、淋病にかかる男性は70%、女性は30%という男女比が報告されています。

淋病の症状というと、男性は自覚症状があまりないこともあれば、症状を感じできることもあります。具体的に言えば、勃起時や排尿時に激しい痛みを感じたり、睾丸が腫れて痛みを伴ったり、膿のような分泌物が大量に排泄される症状が現れてくる場合、淋病になる可能性が高いと認められています。女性の場合、最初、目立つ自覚症状が現れてくることが少ないですが、病気が進んでいると、黄色いおりものが増えたり、下腹部の痛みや出血などの症状が出たり、子宮内膜炎を引き起こしたりすることになってしまいます。

淋病の治療について、抗生剤の使用は基本的な治療方法とされています。今、淋病の治療によく用いられている抗生剤はおもに、セフトリアキソン、セフォジジム、スペクチノマイシンという三つがあります。

クラミジアと淋病の比較
クラミジアと淋病の比較について、まず、クラミジアと淋病は感染率が高い性感染症で、両方を併発している状況が多いです。次は、クラミジアと比べて、淋病にかかる男性の比例がもっと高いです。また、淋菌はクラミジアより、増殖するスピードが速く、症状が激しく、耐性を持ちやすくて、それで、同時感染の場合、淋病の治療から始めることは通常のやり方です。

★ジェネリック薬の価格と維持時間
レビトラジェネリックの徹底比較